第1回よさこい祭り

第1回よさこい祭り
開催日程    1954年8月10日 - 11日
会場数     8会場
参加チーム数  21チーム
参加人数    約750人
受賞チーム   優秀団体表彰
   前年 ー
翌年 第2回

第1回よさこい祭りは、1954年(昭和29年)8月10日,11日の2日間にわたって高知県高知市で行われた記念すべき第1回目のよさこい祭りである。

1954年4月に開催を決定、日程を8/10,11に確定
6月に楽曲(『よさこい鳴子踊り』武政英策氏)制作
7月に振付(日本舞踊五流派1))制作、よさこい祭り振興会発足
という状況での開催となった。

日程

8月10日(火) - 市民祭(祈願祭) - よさこい祭り本番 1日目 - 花火大会
8月11日(水) - よさこい祭り本番 2日目

高知測候所(現在の高知地方気象台)が過去40年の気象データを分析し、8月10,11日が高知市で雨が最も少ないとわかったため。

会場

追手門内本部競演場と市内7カ所の地区競演場の合わせて8会場で行われた。踊り子隊の参加数不足と警察による交通規制が厳しかったため、阿波踊りのような街頭流しによる演舞はなく、全ての会場は特設ステージでの舞台上の競演となった。ステージ踊りのみのため、地方車はまだ登場していない。(地方車の初登場は第4回よさこい祭り

競演場

  • 高知公園追手門内本部競演場
  • 帯屋町二丁目競演場
  • グリーンロード競演場
  • はりまや橋競演場
  • 本丁筋三丁目競演場
  • 愛宕町競演場
  • 菜園場競演場
  • 梅ノ辻競演場

花火大会

概要

8月9日に前夜祭として花火大会を行う予定であったが本番1日目(8月10日)の夜に変更され、鏡川河畔にて行われた。
10日の夕方に踊り子隊によるはりまや橋から市営競輪場への練り歩き(はりまや橋→中種→帯屋町→大橋通り→柳原→南国橋→市営競輪場)が行われ、花火大会開始までの間市営競輪場内でよさこい演舞、郷土芸能披露などが行われた。

よさこい祭り本番

概要

参加チーム

参加21チーム、750人の踊り子の参加。
開催1回目のため、本部競演場ではよさこい鳴子踊りだけでなく県内各地の伝統芸能2)に特別出演をお願いしている。

チーム名 拠点 参加回数 参加人数 備考
1 市料理業組合 高知県高知市 60
2 玉水町 高知県高知市 10
3 井口町暁市場 高知県高知市 20
4 五丁目公設市場 高知県高知市 20
5 高知市役所 高知県高知市 50
6 若柳流連中 高知県高知市 60
7 新本町二丁目 高知県高知市 10
8 栄田町 高知県高知市 20
9 潮江町 高知県高知市 40
10 愛宕町子供組 高知県高知市 13
11 愛宕町大人組 高知県高知市 30
12 安芸郡芸西村 高知県安芸郡 25
13 高知専門店会 高知県高知市 50
14 帯屋町専門連鎖店 高知県高知市 100
15 中種京町商店連盟 高知県高知市 50
16 四国銀行 高知県高知市 100
17 大橋通り商和会 高知県高知市 30
18 柳町美松 高知県高知市 10
19 本丁筋三丁目 高知県高知市 15
20 本丁筋五丁目 高知県高知市 30
21 高知商工会議所 高知県高知市 30

受賞チーム

二日目の本部審査および前日の審査結果を加味し10団体を優秀団体に選んだ

チーム名
優秀団体 若柳流連中
愛宕町子供組
愛宕町大人組
高知専門店会
帯屋町専門連鎖店
中種京町商店連盟
大橋通り商和会
本丁筋三丁目
四国銀行
本丁筋五丁目

関連項目

1)
花柳、若柳、藤間、坂東、山村の五流派
2)
太刀踊り(平和村諸木)、盆踊り(夜須町)、銭太鼓(安芸市伊尾木)、棒踊り(山北村)など